結婚後の働き方を考える。 共働きについて思うことをまとめています。

共働きにおすすめの仕事

近年では、結婚後も仕事を続けることを希望する人が増えているといいます。共働き世帯が増えているというデータが物語っているといえるでしょう。
過去の日本を振り返れば、結婚や妊娠、出産などを契機にして、主婦になるというケースが多くを占めていました。しかしながら、現代では女性を取り巻く環境は一変しているといえるのではないでしょうか。
国家レベルで進んでいる、女性が光り輝く社会の実現や働き方改革、一億総活躍社会などが大きく取り上げられるようになってきました。しかし、高齢化が進む中、生産労働人口減少という由々しき事態に直面しています。介護施設やケアハウス、老人ホームなどの介護現場にも、多くの担い手が必要になっています。高校や大学を卒業すると同時に介護職員として現場に就職を果たす女性も多くいますが、結婚や妊娠、出産などと同時に職場を離れてしまう事態は相変わらず起こっています。
しかし、せっかくの経験やスキル、ノウハウをその後の人生にいかすことができないかと考えた際に、子育てなどの家事が一段落してから、介護現場に復帰を果たす女性も増えています。そのため今の介護現場は共働きの女性に支えられている部分もあるのではないでしょうか。高齢化が進む中、介護施設やケアハウス、老人ホームなどの介護現場を支える担い手の数は今後もますます必要になります。そのため、フルタイムは厳しくとも、時短であれば共働きで働ける女性に向いている仕事といえます。社会の共働き世帯に寄せる期待感は一段と高まっています。政策においても、配偶者控除の見直しなどを皮切りにさまざまな取り組みが始まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です